山たまごの東海岳行

24298
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

あけましておめでとうございます - トミチャン

2019/01/04 (Fri) 17:42:41

今年もよろしくお願いします。2019年1月4日に熱田神宮へ初詣に行ってきました。もちろん近場の神様には1日から詣でてきております。その帰りの東海岳行へ立ち寄りです。早速笑わせていただき本当にありがとうございました。
これからもおいしい話をいただきたいと思っております
正月のローソンの利用方法ありがとうございます。二人だけの来年の正月はこれにチャレンジしてみましょう。嫁さんが理解してくれたら( ^ω^)・・・

Re: あけましておめでとうございます - 山たまご。

2019/01/06 (Sun) 16:32:09

明けましておめでとうございます。初詣は、我が家はいつも通り犬山市の尾張富士西麓の大宮浅間神社です。50円から100円にアップしたおみくじは末吉でした。天気には恵まれました。

昨日、富士見登山に伊豆の国市に走り、初登りを無事済ませました。遠征だったのですが、地元の散歩する方が、尾張小牧ナンバーを見て「じょうぶだなあ」と感心されてました。でも隣の車は関西の方です。上には上がいる。
ローソンのおせちは、2018年末から100円数の子が初めて加わりました。味は絶品とは言いませんが、どれも悪くないですよ。

元号の変わる来年も良い山歩きを - 野良人

2018/12/31 (Mon) 09:59:31

 早い書き込みに歳の瀬を感じさせられます。真面目な校長
らしい区切り方ですね。「いかん!ランチ買うのとザック・
山靴忘れた」は後期高齢者の野良の失態です。

 川辺町大谷公園からの周回は二巡したが、標高も低く200m
弱で歩きやすい稲妻道に歩行距離も5km弱と、リハビリ歩きの朋友クッサンも大喜びでした。

 八坂城址の緑ネットが掛った井戸も、直径は1m前後でしたが石垣もしっかりし、驚いたことに山上なのに綺麗な水を湛えていたのには再度感心させられました。

 また其の下に有る御嶽宮の開けた大展望は素晴らしかったです。ベンチも有り南眼下に開けた街並みや、東西にユッタリと流れる飛騨川、そしてその後方には形の良い愛宕山と、風も無い穏やかな平成30年括りの山行でした。皆さん良い御年を...




Re: 元号の変わる来年も良い山歩きを - 山たまご。

2018/12/31 (Mon) 13:44:28

メシと靴とリュック持たずに「YOUは、なにしに山へ?」 ただのドライブになってしまうところでした。
大谷山・八坂山は、2巡しても88箇所巡りと展望・見所があるので楽しく歩けました。冬なので汗をかかず快適でした。しかし山頂に井戸があるのって不思議ですね。

今年を振り返ってみると野良人さんとは、多治見市・浅間山から始まり、川辺町・八坂山まで11回山行させて頂きました。遠いところでは、神戸・須磨アルプス、京都・ポンポン山、宝塚・蓬萊峡。個性的な長浜・山門水源の森、関・寺尾岩巡りと今年もたくさん思い出を作れました。
来年も引き続きお付き合いよろしくお願いします。

鈴鹿峠高架下鈴鹿川徒渉で幻滅 - 野良人

2018/12/29 (Sat) 14:17:36

 片山神社と鏡岩は東海自然歩道歩きの折訪れました。
今回の高畑山周回は熊笹・アセビ・キレット等鈴鹿の南
西の外れとは言え、鈴鹿山系の山容を揃えています。

 坂下峠を過ぎ小笹山から長峰までの二回のコースアウ
トは、境界杭の作業テープと地形図の縮尺が細かすぎで
尾根下り故の単純ミスでしたね。

 鈴鹿峠高架下の塵の多さには驚きました。食事後の残
骸を車窓から投棄した物でしょうが、車中しか食事出来
ない長距離トラックドライバーが犯人だと思われます。

 運転手への要請はもとより、社内に塵集積場所を設け
る事を義務付けるよう、先ずは大手の運送会社から指導
すべきでは......政治屋面々殿。

Re: 鈴鹿峠高架下鈴鹿川徒渉で幻滅 - 山たまご。

2018/12/29 (Sat) 21:33:00

鈴鹿峠は、東海自然歩道の句読点。昔は、世基礎があったり山賊が出たりとデンジャラス・ポイントだったよう。平和な現在は、収束が近い鈴鹿山脈のスタート地点で私にはなじみが深い場所です。

10年以上前だと思いますが、初めてキレットを見たときは緊張しました。足下のザラ場で滑っちゃえらいこっちゃとおそるおそる歩きました。

国道高架の下のゴミは、トラック一台では足りないかもしれません。昔に比べて日本人の公衆道徳は新興国と比べれば高度化が進んだと思っていましたが、人が見てないところでは道徳感のフリースは、悲しいかな脱ぎ捨てられることが分かりました。

無題 - marukei

2018/12/23 (Sun) 19:52:43

引っ越し、お疲れ様です。

22000の画像移行・・・ため息がでます。
marukeiが現役の頃からの東海岳行ですので当たり前か。

今でも時々のぞかせて頂いています。
新しいURLでリンクも直しました。

増々とお元気で”山の便り”を期待しています。

Re: 無題 - 山たまご。

2018/12/24 (Mon) 21:14:30

何せPC音痴なので時間が掛かります。どの会社に移行するかで悩みましたが、マニュアルが親切なところに決めました。それでも意味が分からないのが度々あり、悩ましかったです。
岳行ノートと大道草を合わせると686作あり、平均30画像でしょうか。カメラもPCも壊れるはずです。
来年も引き続きmarukeiさんのご訪問をお待ちしています。

巡視路侮るなかれ! - 野良人

2018/12/18 (Tue) 12:10:41

 大野三山周回は風もなく快適な山行でした。地理院の
地形図では野村坂で、案内板は花立峠でしたので一瞬戸
惑いました。

 立派な運動公園に置車出来るし、整備された散策路が
張り巡らされて居る所為かウィークデイにも拘らず7~8
人のハイカーもみえました。

 でも殆どが大谷山までみたいで、雁又山まで行かれる人
は少ない様子。帰路の巡視路は楽そうでしたが、途中から
踏み跡も少なく山慣れた者でないと迷いやすいでしょうね。

Re: 巡視路侮るなかれ! - 山たまご

2018/12/18 (Tue) 20:47:50

花立峠の絵地図では、峠を中心に描かれ大野三山は大谷山~滝谷山まででした。滝谷山から金尾滝へ下山する周回路は描かれています。私達が登った雁又山は掲載されていないので道がどうなっているか心配でしたが、山頂までは大丈夫でした。

下山で一部登山道がわかりにくかったので逆回りの周回にすれば良かったかなと思いました。しかしそれはそれなりに難しい箇所があります。まあ、低山なので大きな道ミスはなく良かったです。

二ツ森山の謎が解けました - 野良人

2018/11/27 (Tue) 10:24:03

 野良も二ツ森山は十年以上前に切越峠からピストン
した覚えですが、残念ながら山頂の大岩と北の東屋し
か記憶に有りません。

 食後東峰に行く時に偶然見つけた岩棚は、風も受けず
垂直に切り立った岩上に有って最高のビューポイントで
した。

 逆行で見にくい山頂表示板で、裏面にも書いて欲しい
と思ったのですが、立木で北方の山容が遮られて居るの
と、岩上でカメラマンの後方移動の危険性を考慮しての
配慮でしょうか......

Re: 二ツ森山の謎が解けました - 山たまご。

2018/11/28 (Wed) 00:58:41

レポには、掲載しませんでしたが、奇跡の展望台の右にちょっとした岩棚があります。比較的平らなので立てますが、そこに腰掛けてランチすれば、眺望が最高のおかずでしょう。
その発見で山行は、満足した物になりました。

そこの場所が記載されたレポはないかとネットで探しまくりました。一つだけ見つかったのですが、ジオンの山歩記」さん、さすがですね。ただ我々ほど「驚き 桃の木 縄文土器」ではないのが謎です。

大岩頂上で山頂標を裏から撮るのは危険ですね。落ちたらこの世に帰れません。

まだ生きてますー2 - トミチャン

2018/11/07 (Wed) 19:10:33

早速のお返事ありがとうございます。流葉の紅葉もすばらしいですが、寝室の獣臭もすごい!!!
 私の経験を思い出しました。マンションに引っ越して間もないころですが夏なので暑くてベランダのまどを少し開けて寝ていました。すると夜中にコリコリと何かをかじる音、まさか新築のマンションにネズミがいるとは想像できません。とにかく朝起きてみると網戸の網がかじられていました。早速突撃開始です。ホームセンターに行って「ネズミほいほい」を購入。三か所ほど仕掛けると朝に女房が「キャーッ」の悲鳴、一匹捕まっていました。バケツの中に水を入れてそこに「ねずみほいほい」を入れました。そして後は生ごみで。その夜のコリコリは無くなりましたが心配は無くなりません、あくる日にベランダのいろんな物を片付けたら案の定、かわいいのが数匹何かにくるまっていました。これもどうして殺したか忘れましたが生ごみに出しました。それ以来ネズミはいなくなりました。
 殺生は思い出すのも嫌ですね。なみあみだぶつ

Re: まだ生きてますー2 - 山たまご。

2018/11/08 (Thu) 23:27:25

新築マンションにいるネズミってどこから来て何に目をつけるのか不思議です。
 老いた父母が台所にドライ食品、ラーメンや菓子などを買い置いていました。訪ねていくとどれも袋と中身がかじられネズミの仕業だと直ぐ分かりました。好物が沢山あったのでネズミにとってはいい食料庫です。
道草に書いたネズミの運動会の子孫に違いありません。何代目になるのか、、、 我が家の子供が自立していなくなってもネズミの家族には、いい環境なのでしょうね。
中学生の頃、網のネズミ捕り器に一匹とらえたことがあります。母に「どうするの?」と尋ね、、、やっぱりミズノいっぱい入ったバケツに入れて始末しました。

まだ生きてます - トミチャン

2018/11/05 (Mon) 11:54:10

長いご無沙汰でした。先生のご無事はレポで確認していましたが、当方の無事はここに書き込まない限り不明でしょうね???
 さて流葉山は懐かしいですね、当方もスキー場でしか知りえませんでした。他には御嶽山ぐらいです。
 スキーは青春の一コマです。
 さて、最近というより何年か前から、漢字が書くことが難しく、辞書を開きながら、さらに老眼鏡を使いながらでないと手紙が書けなくなりました。日曜版の漢字クイズなどはさっぱりです。皆さんの投稿文の漢字の使用量は「半端ない」で気後れします。漢字も言葉も蓄えている量が少なくなりました。
まだまだこれからです。レポをじっくり読んで頭をリフレッシュさせていきます。頑張ってね

Re: まだ生きてます - 山たまご。

2018/11/05 (Mon) 20:57:15

お久しぶりですが、お元気で何よりです。私もスキー場は、追憶のゲレンデになりました。ノーマルタイヤしか持ってないので雪山には自分では行けません。

漢字を覚えている能力は小さくなるのでパソコンの漢字変換は、大発明です。「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」 そう、パソコンや須磨歩は、文字が拡大できるので素晴らしい。
企画書や新聞は、ハズキルーペに助けが必要です。しかし謙さんは2億円、菊川は7500万円の出演料って、、、1万円のハズキルーペの原価って?

岳行は流石喰いつきが早いですね! - 野良人

2018/10/31 (Wed) 12:30:18

 六甲全山縦走路の頭と尻尾はこれで歩いたのですね!
那須浦公園から宝塚まで、蓬莱峡での一郎選手のコマー
シャルは一週間位前に初めて見ました。

 蓬莱峡でのザレにコースアウト・養蜂所を過ぎて植林
の斜面の急騰で出た尾根道は縦走路だったんですね!
先はなだらかな降りでしたが、住宅地は斜面の多い神戸
だと痛感しました。

 本線以外はマイナーの様で、枝道の多い迷いやすい山
でしたが、其れはそれで難儀したが面白かったです。山
が近く人口が多い故かコースの多さにも感心しました。

Re: 岳行は流石喰いつきが早いですね! - 山たまご。

2018/10/31 (Wed) 23:20:50

タクシーで降りた鉄扉から奥へ歩きましたが、あと百数十m歩くとイチローが駆けていた剣山の岩壁の所でした。ロッククライミングで有名な屏風岩もその近くです。蓬萊峡の核心部を見逃しました。座頭谷を中心に前調べしたのでそれはそれは残念なことです。やはり知らないところの山行は、それなりの結果となりますね。まあ、それも挑戦ということで‥

縦走路は、所々で林道に分断されますが、地元の方達はめげずに登山道を守り、維持されていることに心から感謝です。2時間半のドライブで行けたことが意外でした。私には3時間ドライブが日帰り圏内なので西の登山も探せばまだまだ出来そうです。


ありがとうございました。 - 望岳

2018/10/13 (Sat) 17:34:50

 図々しくも訂正
「昭和16年5月末の郷里での墓参」(日本百名山)では五月の空とあるが、すぐに書かれた(心残りの山)では6月。
「沢を詰めて源頭に至りフトンビシの間の草付きの所から登山道に出て」
「右の耳の正体」

 謎解きをするにあたって日本百名山を読み返し、謎解き後も他の著作を読み、三度の足取りを地図で確かめ、ネットで記録を探しました。
山口での宿「丸吉」を探していて、残っている雪が目や牙になって見える鬼ケ面山など近くの山や、塩の道、明才堰の歴史などに寄り道しながらですが。
 現登山道の2/11からですが跡を辿った山行、下記のブログで目で見ることができました。
https://blogs.yahoo.co.jp/astaac132/GALLERY/show_image.html?id=36273441&no=0

 雨飾山山行については、前に引きました深田著(わが愛する山々)や(心残りの山)、久恋の人志げ子夫人著の(私の小谷温泉)に詳しく書かれていました。
 小谷側から初めて見た姿は>雨飾山がキッと頭をあげている(わが愛する山々) とだけ書いています。
 六十一年前の今日から三日間は >今が秋の絶頂かと思われる美しい日和
下山に沢を避けてとった >美しい紅葉の牢獄 と表現した尾根の今年の色づきはいかがでしょうか。

 改めてへっぽこさんたちの猫の耳を見ていて、山たまごさんとは一年ずれていることに気づきました。
 最初は謎解きに参加するだけのはずでしたのに、勝手な度々の長文書き込みしましたことお詫びいたします。楽しい時間のきっかけを与えてくださりありがとうございました。

Re: ありがとうございました。 - 山たまご。

2018/10/14 (Sun) 23:18:01

これだけ深く掘り下げられた望岳さんの好奇心、行動力、集中力は素晴らしいですね。私は広く浅くのタイプの方です。子供の頃、短距離走は好きでした。理由は早く決着が付くからです。大嫌いなマラソン大会がある日は、憂鬱で憂鬱でなんとか腹痛とか頭痛になり、学校休めないかと思ったくらい。
しかし人生半ばで登山が趣味になるなんて、、、赤みの筋肉しか無いと思っていましたが、白身の筋肉も少しはあったようです。登山の良いのは、マイペースで行けるのでなんとか富士山でも登頂できます。
人志げ子夫人も本を書いているのですか。知りませんでした。「美しい紅葉の牢獄」の表現は逆立ちしても出て来ませんし、善悪をドッキングさせた表現はいいのか悪いのか私は理解しかねます。
こんなトンチンカンで広く浅い知識しか無い私に我慢強くおつきあいいただき感謝です。楽しくもあり良い経験模させていただきました。機会がありましたら、、、又のお越しをお待ちしています。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.