山たまごの東海岳行

23140

“「猫の耳」の謎” - 望岳

2018/07/12 (Thu) 15:38:48

 初めまして。
 今もそれぞれに山登りはされているものの、休止中のブログ「へっぽこアルピニスタ」。
その記事中にあったフレーズ、「猫の耳のような雨飾山」画像を検索していてこちらへ訪問。
“「猫の耳」の謎”を拝見、謎解きをしてみたくなりました。

 カシミール3Dで長野側から見たが、全く山容が違う。
Google画像検索結果に戻ってみるが猫の耳は少ない。
>左右に平均の取れた肩を長く張って、その上に、猫の耳のような二つのピークが
3葉目のへっぽこさんのがそのものだ。撮影地点は推定済み、36.939715, 137.901634
NHKBS「にっぽん百名山」の山容にも似ている。
撮影地は少し南と推定。撮影場所比定地 36.933928, 137.906078
カシバードの画像で笹平辺りの稜線に1472ピークからの尾根の稜線が重なっていないのは、樹木高さを考慮した結果だがしすぎか?
1151ピークにかかる元画像右下影が樹木ならばもう少し前方か?。
検索結果の11葉目「ぶらり北陸発」の右側が高く見える画像が気になる。
>この写真は、どこで撮ったか記憶にない。
右側に続く稜線のなだらかさから「にっぽん百名山」より東南。
標高353地点でカシバード。1472ピークと離れすぎ。
東側の橋詰、計算仕様の設定で樹木の影響を入れると見えなくなる。
中間地点と推定、試しにストリートビューを見てみる。三本の木確認、撮影場所特定 36.930692, 137.916011

>「猫の耳」はどれ?
>いずれにしても深田久弥は、当時「猫の耳」のピークを勘違いしてたように思えます。
三ヶ所からのカシバード画像での右側の耳先は1842mピークではなく、1900m等高線辺り。
ご推察の通りに、カシミール3Dではなりました。
 長文失礼いたしました。

Re: “「猫の耳」の謎” - 山たまご。

2018/07/17 (Tue) 15:46:50

まずもって長文の書き込みを感謝をもうしあげます。
私が疑問をもって謎解きをしてみましたが、正解は見つかりませんでした。
その謎をスッキリさせていただきありがとうございます。
緯度経度を示していただきましたのでカシミールに併せながら3点とも楽しく確かめさせて頂きました。素晴らしい結論を導き、研究論文のようですね。

道草を作ったときも記述より調べることに膨大な時間がかかり、何やってんだかと内心思ったくらいです。こうして猫の耳に興味を抱かれたご同輩に見て頂きその会がありました。

やはり時間を掛けて調べられたとご推察申し上げます。
お疲れ様でした。

“「猫の耳」の謎”を与えてくださりありがとうございました。 - 望岳

2018/07/19 (Thu) 08:01:20

 おはようございます。
 元々はブログ「へっぽこアルピニスタ」のトップ画像の撮影地点は?から。
雲が掛かりはっきりしないものの、後立で光の具合などから火打山か雨飾山辺りと推測。
カシミール3Dで雨飾山と確認、読み落としていた記事画像を見つけました。
岳行ノート記事中の
>代表展望は南西の後立山連峰、中央奥が白馬岳2932mです。
の画像と当然ながら同じアングルですね。
>丁度、2人の山ガールが雨飾温泉から登ってきたので
とありましたので「もしや意外な出会いが?」と思い確かめましたが、
「へっぽこさん」達は翌日でした。
 前の投稿の時点ではこの辺りの5mメッシュがありませんでしたが、入れてみました。
樹木高さを考慮せずに、元画像に最も近い結果を貼っておきます。36.93328 137909706
 Google画像検索結果の最初に「名山一人旅 雨飾山 猫の耳」の画像が出てきます。
「これが山たまごさん達が登られた猫の耳の最も近くからの画像ですね」
と書こうと思って5mメッシュで確認しました。
残念ながら画像左が雨飾山で右は東に続く尾根の端でした。
深田久弥さんが「猫の耳」のピークを勘違いされたように。
思い込みをしないで確かめることは大切ですね。
 カシミール3Dを公開提供してくださっている、杉本智彦さんには感謝です。
初期のフロッピーディスクを思うと、地理院データが使えることもありがたく思います。
そして、山たまごさん達のようにUPしてくださっている記事画像、
苦労して登られて撮影されていることを思いながら拝見したいと思います。

Re: “「猫の耳」の謎” - 山たまご。

2018/07/21 (Sat) 00:01:46

返信ありがとうございます。
「へっぽこアルピニスタ」のトップ画像の撮影地点は、全く同じアングルで驚きました。しかも登山日が、1日違いとは‥私が登山した日に出会った女子の後ろ姿写真があるので確認しましたが、やはり別人でした。

5mメッシュの意味がわかりませんでしたが本日判明。カシミールの有料アプリでした。3日間無料でお試しできると表示があります。
添付いただいたカシミール画像は、「へっぽこアルピニスタ」さんの写真とほぼ同じで、同定には有力なアプリと感心しました。今回の36.93328、137909706から見た雨飾山を探すのに随分と時間が、かかったのではないでしょうか。

「名山一人旅 雨飾山 猫の耳」の画像は、すごいの一言。あれだけ近くから撮った猫の耳は、とても新鮮です。山頂から南東1838mピークから撮影されたと思いますが、山頂まで400mほどの距離で激近。
私が山頂に登ったとき、北峰がすぐ近くに見え、高さもあまり違いませんでした。そのときのGPSでは30m位の距離です。地形図で山頂西の1842m標高点は、山頂と300m以上離れていますが、高さが121.3mも低い。今回、確認してみて標高点は猫の耳とは違うと思いました。

5mメッシュの画像で左ピークが山頂と私は思っていたのですが、右ピークと結構距離があります。200mくらいでしょうか。
ということは、5mメッシュの画像の右ピークが山頂ですね。

左ピークは「残念ながら画像左が雨飾山で右は東に続く尾根の端でした」で確認されて見えますのでこれが猫の耳ピークならば一安心です。
書き込みいただいたおかげで知的好奇心がわき上がり、楽しく確認作業ができました。ありがとうございました。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.